トヨタエスティマの性能

トヨタの車の中でもファミリーカー及び社会人男性から人気が高い『エスティマ』の性能をご紹介いたします。
エスティマは7人乗り〜8人乗りミニバンで、
エンジンは2GR−FEV型6気筒DOHC電子制御式燃料噴射装置(3.456L)を採用しており、
最高出力280PS/6,200rpm、最大トルク35.1kgm/4,700rpmを誇ります。
また、燃費性能についても10・15モード「9,4km/L〜9.8km/L」JO08モード「9.0km/L〜9.7km/L」
ということで高い性能を持っています。
こういった燃費やエンジンについての性能のほかに予防安全性能として、
LKA(レーンキーピングアシスト)機能が採用されていて車線逸脱警報機能及び車線維持支援機能が
利用できるため、高速走行時に車線に沿った走行がしやすいように電子的にサポートされます。
他にも「レーダークルーズコントロール」というブレーキ制御機能がついており、
高速道路などでアクセルペダルを踏まずに一定速度での走行が可能になっており、先行車がいる場合でも
車間距離を保ちながら追従走行が可能です。
現行車としてのエスティマはトヨタ独自の安全性能に加えて燃費性能も上昇したモデルであり
2006年の登場から長く愛されている車です。
最近ではハイブリッド専用エスティマも普及しはじめていて
2AZ−FEX型直列4気筒DOHC(2.6L)モーター前2JM型後2FM型を採用したモデルは、
10・15モード「19.0km/L〜20km/L」という高い燃費性能を誇ります。


結婚